リサイクルショップならではの掘り出し物を見つけちゃおう!

そもそもリサイクルショップには、どういう商品があるの?

そもそもどんなものが売られているの?

リサイクルショップに売られている商品は、本当に様々です。
古着や、使わなくなった家具や、電気製品。
子供のおもちゃや参考書まで。
例えば古着であれば、季節の変わり目には多く売りにだされますし、学生の卒業のシーズンには、一人暮らし用の椅子や本棚、扇風機などが売られます。
欲しいものがあるけれど、新品を新たに購入するにはお金がもったいないときや、まだ購入をためらうときには、一度リサイクルショップに行く価値は十分にあるでしょう。
掘り出し物がお手頃な価格で見つかる可能性も高いです。
中古品だと、家具などはかなりの低価格で購入することができるので、転勤や引越しが多い方は、頻繁にリサイクルショップに行く人も多いとされます。

中古品は、古くて使われたあとのものなの?

リサイクルショップというと、古くて、使い古されたあとの中古品だから、抵抗があるという方もいるでしょう。
たしかに、引越しにともなって売りに出される家具などは、いわゆる中古品が多いですが、リサイクルショップにあるのはそれだけではありません。

実は、一切開封していない洗剤であったりとか、きれいなハンガーのような日用品、未使用の子供のおもちゃなどもたくさんあるのです。
これらは、まとめ買いなどで安く買ったものの、使い切れなかったものを売ったもので、ラベルやパッケージがないために安く売られていたり、子供のための付録を目当てに買っただけで、本体は一切使っていないおもちゃや文房具であったり、というものなのです。

つまり、リサイクルショップでの掘り出し物とはまさにこれ!
未使用なのに、ほんのちょっとしたワケありのために安く売られている、日用品や消耗品なのです。


この記事をシェアする